【求人】 売れるということ
【求人】 売れるということ
  求人 ,

売れたい。お金を稼ぎたい。女性用風俗店で働くのに、そういったモチベーションがあるのはいいことです。

しかし、風俗だから簡単に稼げるだろう。そう考えている人がいるのだとすればそれは間違いです。

現に、女性用風俗で働きはじめる8割以上のセラピストは満足のいく収入を得ることができずすぐにやめていきます。なかなか指名が入らない。フリーのお客様を回してもらってもリピートが取れない。ということで心が折れてしまうのです。

ただ、そういう現状があるからと「女性用風俗でなんて稼げない」、「自分には稼げるだけの魅力がない」、そう結論づけるのは、それも明らかな間違いです。

確かに、同じ風俗でも男性向けのデリバリーヘルスでは、とりあえず出勤さえすれば新人でも、そこまで営業をしなくてもお客様から指名がもらえて、いくらか稼げる。というケースはあるでしょう。しかし、それは新人女性が男性に人気なこと。常に需要が供給を上回っていること。など特殊な事情が可能にしていることでしかありません。

「売ること」自体がそんなに簡単なら世の中に営業職、マーケティング職は必要ありません。

女性からすれば、男性は選び放題です。

お客様に選んでもらう。お金を払うだけの価値があると感じてもらう。それが一筋縄でいかないのは当たり前の事です。

女性用風俗店が店舗としてすべきことはそのことを無視してにんじんだけをぶら下げてセラピストを使い回しにすることではありません。

どうすればあなたの魅力が伝わるか。あなたが女性に選んでもらえるためには何が必要なのか、一緒になって考えることです。

お客様に選んでもらう。「それは一筋縄ではいかない」、私はそう表現しました。しかし、今の女性用風俗業界を見ているとそれが特別難しいことだとも思いません。

なぜなら、どうしたら自分が選んでもらえるか。リピートしたいと思ってもらえるか。そのことを真剣に考えている人があまりに少ないからです。

店舗は店舗で女性は何を基準に男性を選んでいるか、魅力を伝えるにはどうしたらいいのか、そのノウハウが無いから、「売れれば儲けもん」、ぐらいの考えでほったらかしという店舗がたくさんあります。

帝は、あなたがどうやったら稼げるか。女性に選んでもらえるセラピストになれるか。その答えを持っています。

売るのは私たち店舗の仕事です。あなたの仕事は、挑戦することです。

代表 柊 焔

【求人】 女性用風俗戦国時代
【求人】 女性用風俗戦国時代
  帝からのお知らせ , 求人 , 求人関連 ,

女性用風俗は今日本でものすごい勢いで盛り上がっている業界です。
店舗数にして約400もの女性用風俗店が存在します。
そこには多種多様な男性が女性に自分を選んでもらうためにと在籍し、試行錯誤しています。

そんな中でも、新しく女性用風俗店でセラピストとして働きたいと名乗りをあげる男性は後を絶ちません。

それものはずです。男を磨き、女性に癒しや快楽を与える。そこに対価が発生しお金がもらえる。そんな仕事があるのなら誰しもやってみたいと思いでしょう。

しかし、世は女性用風俗戦国時代。数多いるセラピストの中からあなたを選んでもらう。それは簡単なことではありません。「売れる」ためにはそのためのノウハウが必要です。

当店の代表である私、柊焔はそんな女性用風俗戦国時代を勝ち抜き、大手の女性用風俗店で何度も全国ランキング入りを果たしました。そしてセラピストを育成する立場である研修員としての役割も担っていました。
その経験から、女性に選んでもらうためには何が必要なのか。どうすれば女性がもっとあなたといたいと思うようになるか。女性に、「あなたじゃないとダメ」そう思ってもらうためにすべき事を再現性を高めた上で言語化しました。

マッサージの技術を教える。性感テクニックを教える。接客やマナーを教える。それは素晴らしい事ですし間違いなく必要な事です。

しかし、こと「売れる」ということに関して言えばそれだけでは全く足りません。むしろ、綺麗事では成り立たないような能力が必要であるとさえ言えます。
あなたに技術があるとします。気遣いに自信があるとします。でもそれが女性に伝わらなかったらどうでしょう。いくら自分に魅力があると自負していても女性にそう感じてもらえなければ意味がないのです。

もう一度言います。「売れる」ためにはそのためのノウハウが必要です。

女性用風俗帝は、あなたが女性に選んでもらえる。「売れる」ために、本当の意味で必要な能力を身につけることのできる日本で唯一の店舗です。

あなたが、女性に何にも変えて求められる。そんな魅力的な男性になる。その日が来るまで帝が全力でサポートします。

代表 柊焔

登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
  求人 ,

こんにちは。焔です。

登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)という話の続きです。

何より登録料ビジネスが存在することで一番不利益を被るのは女性用風俗店を利用して下さっている方々です。

もし、性感セラピストがお金さえ払えば誰でもなれる職業になってしまったら、女性がわざわざお店を利用する理由がありません。それではいろんなリスクを抱えてマッチングアプリ等で素性もわからない男性と会うのと変わらないからです。

店舗の利益になるからとセラピストになれるレベルにない男性を採用する行為はお客様に対する裏切りに近い行為です。

採用した男性が女性に不快な思いをさせないか、自分の欲望を抑えられる人なのか、お金をいただいて女性にサービスをできるレベルにある人間なのか、しっかり吟味して足りない部分は教育する。それがいろんな不安も抱えながらもお店を利用し下さる女性に対しての店舗としてあるべき態度なのでは無いかと思います。

利用する女性が安心して、極上のサービスが受けられる、そんな業界を目指していきたいです。

柊焔

登録料ビジネスとセラピストの未来(焔)
  求人 ,

セラピストの登録料ビジネスという闇の話の続きです。

前回、登録料で利益を得るために売ろうという意思も無いのに男性を採用し、あとはほったらかし。という登録料ビジネスをやっている店舗がある、という話をしました。

では、それの何が問題なのでしょうか。

まず、セラピストが育ちません。

そういった店舗にとって、その人を採用する=その人を売る、では無いため当然採用したあとのサポートはしません。「売れたらラッキー」ぐらいの態度なのです。

もちろん、売れたいなら全部自分で考えて努力すべきだ、という考えもあるでしょう。むしろサポートなんていらなくて、自分で勝手にやらせて欲しいというセラピストもいるでしょう。

ですが多くのセラピストは接客をしていく中で何度も壁にぶち当たります。

セラピストの相談に乗ることでその壁を一緒に乗り越えたり、店舗が貯めたノウハウでその壁を端から迂回できるかもしれません。

自分もセラピスト業を始めた当初は、こういうお客様にはどういう対応をしたらいいのだろう、自分のコミュニケーションの問題点はなんだろう、どうやったらもっと自分の接客を磨くことができるだろう、ということでたくさん悩みました。

そういった悩みをお店が一緒に解決していくことでセラピストが何倍ものスピードで成長していくことができます。そしてそれがよりお客様の満足を得られる事につながるのです。

しかし、そういったサポートをしていくにはかなりのリソースが必要です。ある程度厳選して、この人をセラピストとして売り出していこうという男性のみを採用する必要があります。

でもそれこそが本来あるべき形なのではないか、というのが自分の考えです。

この人なら素敵なセラピストになってくれるのではないか、そう思える方のみを採用し、セラピストがお客様を幸せにしていくためなら最大限サポートをしていく。

少なくとも、女性用風俗帝をそういうお店にしていきたいです。

柊焔


この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝

セラピストの登録料ビジネスという闇(代表・焔)
  求人 , 求人関連 ,

こんにちは。代表の焔です。

今日は女性用風俗業界に蔓延する、登録料ビジネスについてのお話をしていきます。

皆さんの中には、セラピストがある店舗に採用され、何日か出勤さえしていればある程度お客様につけて、それなりに稼ぐことができるのだろう。
と想像されている方もいるかもしれません。

でも実際にそうはなっていません。セラピストとしてデビューする8割〜9割は先に、支払う登録料、研修費用の分も回収できずに辞めていってしまいます。一回も仕事にありつけない方もいます。

その要因として、店舗側の登録料ビジネスの存在があります。

セラピストになるためには必ず研修を受けなくてはなりません。そして、店舗によって様々ですが、そこには5〜7万円の研修費用がかかります。プラスで何ヶ月に一回更新料も払わなくてはなりません。

でも考えてみてください。5〜7万円です。研修も三時間ぐらいやって終わり、という店舗がほとんどです。ですからそこから研修員の方に支払う報酬を差し引いても3〜5万円は残ります。
今はセラピストになりたいと考える男性が多いので一日一人採用するだけでも100万円を超えるような収益になりえます。

そういった実態があるので、見た目もコミュニケーションの取り方も普通で、売れるとは思えない男性でもとりあえず採用してあとはほったらかし。という店舗がたくさんあります。
大手のHPにもこんな方を指名する人いるのかな。という見た目、プロフィールのセラピストが存在するのはそういう訳です。

もちろん、採用されたからといってセラピストとしてお客様の信頼を勝ち得ていくというのは簡単なことではありません。実力の世界なので頑張っても中々結果が出ない人がいる。というのも仕方ないことでしょう。

しかし、ちゃんとその人をセラピストとして売っていく。という意思も無いのに研修費を稼ぐために男性を採用する。というのはセラピストに対して、そして何よりサービスを利用されるお客様に対して、不誠実な態度なのでは無いでしょうか。

柊焔

この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝