【求人】 売れるということ
【求人】 売れるということ
  求人 ,

売れたい。お金を稼ぎたい。女性用風俗店で働くのに、そういったモチベーションがあるのはいいことです。

しかし、風俗だから簡単に稼げるだろう。そう考えている人がいるのだとすればそれは間違いです。

現に、女性用風俗で働きはじめる8割以上のセラピストは満足のいく収入を得ることができずすぐにやめていきます。なかなか指名が入らない。フリーのお客様を回してもらってもリピートが取れない。ということで心が折れてしまうのです。

ただ、そういう現状があるからと「女性用風俗でなんて稼げない」、「自分には稼げるだけの魅力がない」、そう結論づけるのは、それも明らかな間違いです。

確かに、同じ風俗でも男性向けのデリバリーヘルスでは、とりあえず出勤さえすれば新人でも、そこまで営業をしなくてもお客様から指名がもらえて、いくらか稼げる。というケースはあるでしょう。しかし、それは新人女性が男性に人気なこと。常に需要が供給を上回っていること。など特殊な事情が可能にしていることでしかありません。

「売ること」自体がそんなに簡単なら世の中に営業職、マーケティング職は必要ありません。

女性からすれば、男性は選び放題です。

お客様に選んでもらう。お金を払うだけの価値があると感じてもらう。それが一筋縄でいかないのは当たり前の事です。

女性用風俗店が店舗としてすべきことはそのことを無視してにんじんだけをぶら下げてセラピストを使い回しにすることではありません。

どうすればあなたの魅力が伝わるか。あなたが女性に選んでもらえるためには何が必要なのか、一緒になって考えることです。

お客様に選んでもらう。「それは一筋縄ではいかない」、私はそう表現しました。しかし、今の女性用風俗業界を見ているとそれが特別難しいことだとも思いません。

なぜなら、どうしたら自分が選んでもらえるか。リピートしたいと思ってもらえるか。そのことを真剣に考えている人があまりに少ないからです。

店舗は店舗で女性は何を基準に男性を選んでいるか、魅力を伝えるにはどうしたらいいのか、そのノウハウが無いから、「売れれば儲けもん」、ぐらいの考えでほったらかしという店舗がたくさんあります。

帝は、あなたがどうやったら稼げるか。女性に選んでもらえるセラピストになれるか。その答えを持っています。

売るのは私たち店舗の仕事です。あなたの仕事は、挑戦することです。

代表 柊 焔

【求人】 女性用風俗戦国時代
【求人】 女性用風俗戦国時代
  求人 , 求人関連

女性用風俗は今日本でものすごい勢いで盛り上がっている業界です。
店舗数にして約400もの女性用風俗店が存在します。
そこには多種多様な男性が女性に自分を選んでもらうためにと在籍し、試行錯誤しています。

そんな中でも、新しく女性用風俗店でセラピストとして働きたいと名乗りをあげる男性は後を絶ちません。

それものはずです。男を磨き、女性に癒しや快楽を与える。そこに対価が発生しお金がもらえる。そんな仕事があるのなら誰しもやってみたいと思いでしょう。

しかし、世は女性用風俗戦国時代。数多いるセラピストの中からあなたを選んでもらう。それは簡単なことではありません。「売れる」ためにはそのためのノウハウが必要です。

当店の代表である私、柊焔はそんな女性用風俗戦国時代を勝ち抜き、大手の女性用風俗店で何度も全国ランキング入りを果たしました。そしてセラピストを育成する立場である研修員としての役割も担っていました。
その経験から、女性に選んでもらうためには何が必要なのか。どうすれば女性がもっとあなたといたいと思うようになるか。女性に、「あなたじゃないとダメ」そう思ってもらうためにすべき事を再現性を高めた上で言語化しました。

マッサージの技術を教える。性感テクニックを教える。接客やマナーを教える。それは素晴らしい事ですし間違いなく必要な事です。

しかし、こと「売れる」ということに関して言えばそれだけでは全く足りません。むしろ、綺麗事では成り立たないような能力が必要であるとさえ言えます。
あなたに技術があるとします。気遣いに自信があるとします。でもそれが女性に伝わらなかったらどうでしょう。いくら自分に魅力があると自負していても女性にそう感じてもらえなければ意味がないのです。

もう一度言います。「売れる」ためにはそのためのノウハウが必要です。

女性用風俗帝は、あなたが女性に選んでもらえる。「売れる」ために、本当の意味で必要な能力を身につけることのできる日本で唯一の店舗です。

あなたが、女性に何にも変えて求められる。そんな魅力的な男性になる。その日が来るまで帝が全力でサポートします。

 

代表 柊焔