女性用風俗に店舗型のものはある?料金は?
女性用風俗に店舗型のものはある?料金は?
  コラム

こんにちは。焔です。

今日は都市伝説のように語られることがある店舗型の女性用風俗店についてのお話です。

 

女性用風俗に店舗型のものはある?料金は?

女性用風俗店には店舗型のものはありません(もし見つけた方がいたら教えて欲しいです!)。

おそらく現在日本に500店舗前後ある女性用風俗店の全てが無店舗型、いわゆるデリバリーヘルスの形態で運営されています。

そこにはキャスト側の働きやすさの事情であったり法律の問題があるみたいなのです。

ですが昔かつて女性向けのソープランドが存在した、ということがまことしやかに語られています。

今回はその辺の詳細も含めて紹介していきます。

 

男性向け風俗ではより一般的な店舗型の風俗店

もちろん男性向けの風俗店の中でも無店舗型の風俗店として運営されている店舗はたくさんあります。

しかしより一般的なのはピンサロ、ファッションヘルス、ソープランド等の店舗を構えて運営されている風俗店です。

キャストさんが店舗でお客様を待ちそこでサービスを提供するというスタイルです。

そういった中でなぜ女性向けの店舗型の風俗店は流行しないのでしょうか。

まずは過去の事例を見ていこうと思います。

 

かつて存在した女性向けのソープランド

過去には本当に女性向けの店舗型の風俗店が実在していました。

その全国初の女性向けソープランド(ソープランドとは言っても法律上の事情で本番行為はできなかったそうです)が2007年2月に福岡・中洲でOPENした「CC.Club」です。

当時2007年に書かれた記事が残っていたのでそちらの情報を元にまとめていきます。

参考→https://npn.co.jp/article/detail/75779839/

CC.Clubは料金は90分、3万円(延長30分、1万円)という価格設定でサービスが受けられました(帝は90分15000〜)。

女性用風俗でおすすめのコースは?

OPEN後は特に話題性から全国から問い合わせが殺到したそうです。

しかし同店はOPEN当初こそ人気が殺到したそうですが段々とお店を続けていくのが難しくなり開店からわずか8ヶ月の2007年10月に閉店してしまったそうです。

 

店舗型女性用風俗店男性キャストの体力的問題

お客様が女性、キャスト側は男性ということで様々な苦難があったそうなのですが中でもネックになったのが男性キャストの精神的、及び肉体的消耗だったようです。

男は射精したらスッキリという感じですが、女性は精神面での癒やしや心の交流を強く要求するようで、フィーリングが合えば毎回同じホストを指名してくれるそうです。なので人気ホストには仕事が集中してしまう。しかし、ホストは体力的に限界がありますから、せいぜい1日3人の女性を相手にするのがいいところでしょう。頑張っても、体がボロボロになってしまってはねぇ。

(風俗ライター、リアルライブより引用、2007年10月)

確かにどうしても人気のセラピストに人気が集中しやすいというのは無店舗型の女風でも同じです。

ただ、正直女風では性感のサービスのみを何回転もという働き方をしているセラピストは少ないです。

お昼寝・お泊まりコースやトラベルコースで一人のお客様とデートに行ったりご飯を食べたりのんびりしたりというお仕事も多いですし、働き方も本業の仕事のあと一本だけ予約を受け付けてあとは予約満了にしてしまうというように自身の生活リズムに合わせて出勤しているセラピストも多いです。

それに比べて、どうしても同じ場所で来る女性来る女性にサービスをして、となると身体の面でも心の面でもまいってしまうということもあるのかもしれません。

 

女性側の入りづらさの問題

それに加えて女性側からの使い辛さというのもあったようです。

店舗型のお店ということは当然、女性が自分の足でそのお店まで向かわなくてはなりません。

ただそれはご飯屋さんにふらっと一人で入るというのとは違います。

そこに少なからずの恥ずかしさを感じてしまう女性も多かったようです。

そういう意味ではCC.Clubの立地についても難しさがあったようです。

現在に比べれば緩かったとはいえ、風俗店のOPENへの各地域の規制は厳しく店舗を構えるには場所が限られます。

そういう事情もありCC.clubは中洲の風俗街のど真ん中に店舗を構えていました。

そうなると地元に住んでいた方からとすると「風俗街を歩いている所やお店に入っていくところを見られたらどうしよう」という不安がありました。

現に同店は話題性から他県からの観光客等のお客様はかなり集めていたそうなのですが地元の女性にはなかなか根付くことができなかったようです。

そこで安定したリピーターさんを得ることができず経営が難航したという側面がありました。

無店舗型の女風では、今はマスクもありますしそこまで気にする方も多くはないかもしれないのですがそれでも気になるという方は事前に一人でラブホテルやビジネスホテルに入ってもらって後からセラピストがそちらに直接伺うということも可能です。

セラピストと一緒にいるところを目撃されてしまうリスクをゼロにして利用することも可能なのです。

 

今後店舗型の女性用風俗店が登場する可能性は?

では今後、こいったマイナス面を加味した上でも、店舗型の女性用風俗店がOPENする可能性はあるのでしょうか?

僕個人の意見としては十分可能性はあるのではないかと思います。

女性用風俗という業界は現在どんどん幅広い層の方に受け入れられてきていてニッチな需要にも応える様々なジャンルのコンセプト店もちらほらできてきています。

そんな中1店舗ぐらい今日お話ししたようなマイナス面に対策を練って店舗型の女性用風俗店を運営するお店ができてきてもおかしくはないのではないでしょうか。

様々な女性のご要望に応えられるように多種多様なサービスの形があったらうれしいなと思います。

 

デリバリー型の女性用風俗店なら、帝

上記で話してきた通り、女性用風俗店はおそらく全て無店舗型のデリバリーヘルスの形態で運営されています。

その数ある店舗の中でもおすすめなのが「女性用風俗帝」です。

帝は在籍セラピストが多く高身長イケメンのセラピスト、元整体師でマッサージが上手いセラピスト、落ち着いたダンディなセラピスト等々お客様の様々なご要望に応えられるよう、魅力的なセラピストが多く在籍しています。

即日でも派遣可能で極上の時間をお届けします。

是非自分の好みのセラピストを指名して心ゆくまで堪能してしまってください。

セラピストがたくさんいて選べないという方はお任せで予約していただければあなたの好みに合うセラピストをご提案いたします。

セラピスト一覧

女性用風俗の客層は?〇〇な利用者が多い!!
女性用風俗の客層は?〇〇な利用者が多い!!
  コラム

こんにちは。焔です。

この仕事をしていると、お客様は何歳ぐらいの方が多いのか、どんな人がくるのかという質問を多く受けます。

今回はこの疑問についてお答えできる範囲でお話していきます。

 

女性用風俗の客層は?何歳ぐらいの方が多い?

客層という話で言うと女性用風俗というサービスは10代〜50代以上の女性、職業も主婦〜学生さんやOLさんまで本当に幅広い層の女性にご利用いただいております。

基本的にはセラピストと一対一での利用ということもあり、どの年代の方でも、どんな職業の方でも気にすることなく利用することが可能です。

セラピストも様々なご要望にお応えできるよう教育しております。

とは言っても自分の他にどんな方が利用しているのかというのは気になりますよね。

そちらにお答えする前に守秘義務についてのお話をさせてください。

 

女性用風俗の守秘義務について

当店ではお客様の秘密、情報が漏れることがないよう厳しく守秘義務を設定しています。

お客様と話したこと、行ったサービスの内容に関しては全て守秘義務が発生しお客様の秘密は守られるようになっています。

セラピスト同士でのお客様の情報共有も完全に禁止とさせていただいております。

ですから当店の利用者について正確なデータを持っているわけではありません。

今回は他の情報サイトの発信や自分の3年弱に渡るセラピスト経験を参考にしてまとめさせていただきます。

 

女性用風俗は幅広い客層の方にご利用いただいている

上記に述べた通り数字は概算にはなってしまいますが割合を出すと

(10代 : 5 %、20代 : 25%、30代 : 30%、40代 : 25パーセント 、50代以上 : 15%)

ぐらいの割合の女性にご利用いただいております。

お客様のご職業についても(保育士、学生、メンズエステや夜のお仕事をしている女性、看護婦、主婦、公務員、OL)等幅広いご職業の方にご利用いただいております。

夜職のお客様が多いのかなという想像をされる方も多いのですが実際はそういうわけでもなく本当にいろいろな女性の方に楽しんでいただけているという印象です。

皆さんの身の回りでもいつもは普通で真面目そうに見えるお友達の女性も実は、なんてこともあるかと思います。

 

女性用風俗はどういう目的で利用される?

客層が様々であればご利用の目的も様々です。

この仕事をしていると本当に様々な悩みを抱えていてその中で逞しく生きている女性が多くてすごいなと思います。

とは言っても聞く中で一番多いと感じる理由は好奇心から、という理由です。

女風がまだ育ち盛りの業界であることもあり、友達に聞いてとかテレビで見て「どんなものなんだろう」という興味から実際に利用しに来ていただいている女性が多いです。

他にはイッたことがないからイッてみたい、普段はできないアブノーマルなプレイをしたい、人肌恋しい、セックスレスが辛いけどこういうサービスなら罪悪感がないから、経験を積みたい、長らくしてないから昔の気持ちを取り戻したい、等々本当にいろんな目的で利用して下さる女性がいます。

女風は別にサービスの形がガチガチに決まっているものではないので本当にいろんな目的でいろんな利用の仕方ができると思います。

実際に添い寝をするだけや普通のオイルマッサージを受けるだけという利用をされる女性もいます。

あなたの目的にあった楽しみ方をできるのが女性用風俗というサービスなのです。

コースも様々なものがあります↓

女性用風俗でおすすめのコースは?

時期によっては若い利用者さんが多くなる理由

時期によっては利用者さんに偏りが出てくることもあります。

例えば、特に若い人に人気のYoutuberであるてんちむさんやRちゃんさんが女性用風俗について動画で取り上げてくださった時には10〜20代女性の利用が一気に増えました。

当時はYoutuberが取り上げてるのを見て気になってきました!という方が5割くらいでインフルエンサーさんの影響力の凄さと若い女性の行動力に驚かされました。

また、夏休みのシーズンは大学生の利用が一気に増えます。

このように所々で若い女性の利用が多いように感じることもありますが全体的にみると年齢でみても幅広い層の方にご利用いただいているのでどの年代の女性でも全く気にすることなく利用することができます。

当然同じサービスを受けることができるので安心してお越しください。

 

利用者には〇〇な方が多い

ここまで女性向けの風俗では特に利用者層に偏りがなく様々な女性に利用していただいているというお話をしました。

ですが自分が接客してる中で感じた共通点が一つだけあります。

それは女風の利用者さんはとてもエッチな方が多いということです。

皆さん思い思いの形で性を解放して奥深いところまで探求されています。

あそこまで官能に浸って、気持ちよくなられている姿を僕も羨ましく思ってしまうくらいです。

エッチな方が多いというのは何も性に淫らな女性が多いというわけではありません。

外でみると品があっておしとやかな女性でもしっかりと内なるエロスを秘めていてとても素敵だと思います。もう一度言います。エッチな女性はとても素敵です。

女性用風俗はルールが守れて、少しエッチに興味があれば誰でも利用できるサービスなので難しく考えず利用していただけるとうれしいです✨

イケメンセラピスト集団↓

セラピスト一覧

10代〜50代以上まで、幅広い層のお客様にご満足いただける器の大きいセラピスト3選

最後に、幅広い層のお客様に自身を持っておすすめできるイケメンセラピストを3人ご紹介させていただきます。

185cmの色男、伊織さん(31)

伊織

伊織さんは最近入店したばかりで身長が185cmもある大型ルーキーです。

普段から人と接する機会が多くいろいろな方とコミュケーションを伊織さんであればどんな層のお客様が相手でも楽しい時間にしてくれそうです。

伊織さんのメッセージ

はじめまして!
セラピストの伊織(いおり)と申します。
プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。

クールキャラに見られることが多いのですが、
いっぱいイチャイチャしたいタイプです(^^)

マッサージも性感も、ただ気持ち良いだけじゃなく、日常じゃ味わえない甘い気分をお届けします。

誰からも話しやすいと言われるので、ぜひ気軽に遊びにいらしてください!

落ち着いた雰囲気のイケメン 冬亜(26)

冬亜

冬亜さんは26歳という若さでありながらとても落ち着いた雰囲気が特徴的なうっとりするようなイケメンセラピストです。

とても器が大きくて優しいセラピストなので様々な層のお客様を喜ばせてくれます。

新人研修を担当した女性講師からは

全体的に心遣いができるイケメンで優しさが伝わってきました。
また、しっとりしたセクシーさがあってお話している時も沈黙の時も心地よくどんな女性にも好かれるキャラクターだと思いました。
お話してるだけでムラッとしてしまうという女性も多そうです。

と言っていただけました。

様々なご要望にも対応できる 楓 ルイ(35)

楓 ルイ

ルイさんは実は超有名店からの移籍組で経験豊富なセラピストです。

持っているテクニックも多岐に渡り様々なご要望に対応可能です。

見た目は年齢の割に若々しくかっこいいですがとても丁寧な接客が評判です。

夜職経験が長いので同じく夜職をやっている女性の相談にも乗ってくれそうです。

登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
  求人関連

こんにちは。焔です。

登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)という話の続きです。

何より登録料ビジネスが存在することで一番不利益を被るのは女性用風俗店を利用して下さっている方々です。

もし、性感セラピストがお金さえ払えば誰でもなれる職業になってしまったら、女性がわざわざお店を利用する理由がありません。それではいろんなリスクを抱えてマッチングアプリ等で素性もわからない男性と会うのと変わらないからです。

店舗の利益になるからとセラピストになれるレベルにない男性を採用する行為はお客様に対する裏切りに近い行為です。

採用した男性が女性に不快な思いをさせないか、自分の欲望を抑えられる人なのか、お金をいただいて女性にサービスをできるレベルにある人間なのか、しっかり吟味して足りない部分は教育する。それがいろんな不安も抱えながらもお店を利用し下さる女性に対しての店舗としてあるべき態度なのでは無いかと思います。

利用する女性が安心して、極上のサービスが受けられる、そんな業界を目指していきたいです。

柊焔

登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)
登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)
  帝からのお知らせ , 求人関連

こんにちは。焔です。

今日は登録料ビジネスとセラピストの未来という話の続きです。

前回は、店舗側が登録料ビジネスのために男性を採用していてはセラピストが育たない。という話をしました。

今回は登録料ビジネスの存在がセラピストの価値を下げる。という話をしていきます。

皆さんはセラピストにはどういった男性がなれると思いますか?

答えはよっぽどの事情がない限り、手段を選ばなければ誰でもなれます。

こういう言い方は良くないかもしれませんが60代の方、容姿がよくない方、ふくよかな体型の方、明らかにコミュニケーションが苦手な方、モテない方を採用している店舗は実際にあります。

セラピストを採用しても教育する必要もない、コストも必要ない、何か問題を起こせばセラピストのせいにすればいい、となれば断る理由も特にありません。

そういった訳で、お店を選ばなければ、お金を払うことで研修を受け、セラピストとしてデビューすることができるのが今の状況です。

この状況はセラピストという職業の価値そのものを下げてしまっています。お店の価値も下げます。もちろん好みは人それぞれなのでいろんな男性を採用することは悪いことではないでしょう。

しかし、コストがかからないからとあまり魅力を感じない男性でも採用してしまっていたら、セラピストってのは誰でもなれるものなのか。と認識されてしまいます。

女性からすると、それならマッチングアプリとかで素性も分からない男性と会うのと変わらないじゃないか、となってしまいます。

実際そういうアプリでは店舗所属の性感セラピストと称して、自分の欲望を満たすために無料のマッサージを提供しようとしている普通のおじさんがたくさんいるみたいです。

セラピストっていうのは女性をエスコートするプロで、普通は出会えないような魅力的な人たちなんだ。そういう価値を守るためにも今の業界のあり方を考え直す必要があります。

柊焔

この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝

登録料ビジネスとセラピストの未来(焔)
  求人 ,

セラピストの登録料ビジネスという闇の話の続きです。

前回、登録料で利益を得るために売ろうという意思も無いのに男性を採用し、あとはほったらかし。という登録料ビジネスをやっている店舗がある、という話をしました。

では、それの何が問題なのでしょうか。

まず、セラピストが育ちません。

そういった店舗にとって、その人を採用する=その人を売る、では無いため当然採用したあとのサポートはしません。「売れたらラッキー」ぐらいの態度なのです。

もちろん、売れたいなら全部自分で考えて努力すべきだ、という考えもあるでしょう。むしろサポートなんていらなくて、自分で勝手にやらせて欲しいというセラピストもいるでしょう。

ですが多くのセラピストは接客をしていく中で何度も壁にぶち当たります。

セラピストの相談に乗ることでその壁を一緒に乗り越えたり、店舗が貯めたノウハウでその壁を端から迂回できるかもしれません。

自分もセラピスト業を始めた当初は、こういうお客様にはどういう対応をしたらいいのだろう、自分のコミュニケーションの問題点はなんだろう、どうやったらもっと自分の接客を磨くことができるだろう、ということでたくさん悩みました。

そういった悩みをお店が一緒に解決していくことでセラピストが何倍ものスピードで成長していくことができます。そしてそれがよりお客様の満足を得られる事につながるのです。

しかし、そういったサポートをしていくにはかなりのリソースが必要です。ある程度厳選して、この人をセラピストとして売り出していこうという男性のみを採用する必要があります。

でもそれこそが本来あるべき形なのではないか、というのが自分の考えです。

この人なら素敵なセラピストになってくれるのではないか、そう思える方のみを採用し、セラピストがお客様を幸せにしていくためなら最大限サポートをしていく。

少なくとも、女性用風俗帝をそういうお店にしていきたいです。

柊焔


この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝

セラピストの登録料ビジネスという闇(代表・焔)
  求人関連

こんにちは。代表の焔です。

今日は女性用風俗業界に蔓延する、登録料ビジネスについてのお話をしていきます。

皆さんの中には、セラピストがある店舗に採用され、何日か出勤さえしていればある程度お客様につけて、それなりに稼ぐことができるのだろう。
と想像されている方もいるかもしれません。

でも実際にそうはなっていません。セラピストとしてデビューする8割〜9割は先に、支払う登録料、研修費用の分も回収できずに辞めていってしまいます。一回も仕事にありつけない方もいます。

その要因として、店舗側の登録料ビジネスの存在があります。

セラピストになるためには必ず研修を受けなくてはなりません。そして、店舗によって様々ですが、そこには5〜7万円の研修費用がかかります。プラスで何ヶ月に一回更新料も払わなくてはなりません。

でも考えてみてください。5〜7万円です。研修も三時間ぐらいやって終わり、という店舗がほとんどです。ですからそこから研修員の方に支払う報酬を差し引いても3〜5万円は残ります。
今はセラピストになりたいと考える男性が多いので一日一人採用するだけでも100万円を超えるような収益になりえます。

そういった実態があるので、見た目もコミュニケーションの取り方も普通で、売れるとは思えない男性でもとりあえず採用してあとはほったらかし。という店舗がたくさんあります。
大手のHPにもこんな方を指名する人いるのかな。という見た目、プロフィールのセラピストが存在するのはそういう訳です。

もちろん、採用されたからといってセラピストとしてお客様の信頼を勝ち得ていくというのは簡単なことではありません。実力の世界なので頑張っても中々結果が出ない人がいる。というのも仕方ないことでしょう。

しかし、ちゃんとその人をセラピストとして売っていく。という意思も無いのに研修費を稼ぐために男性を採用する。というのはセラピストに対して、そして何よりサービスを利用されるお客様に対して、不誠実な態度なのでは無いでしょうか。

柊焔

この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝