女性用風俗の男性求人の面接で通らない。どうすればいい?、おすすめは諦める。どうしても諦められない場合は?
女性用風俗の男性求人の面接で通らない。どうすればいい?、おすすめは諦める。どうしても諦められない場合は?
  コラム , 求人 , 求人関連 ,

こんにちは。焔です。
今日は女性用風俗の求人に応募したいが面接や書類審査で合格できない、合格できるか不安だという方に向けた記事です。
これから面接を受けるという方にもどういうところに気をつけて自分をアピールしていけばいいのかということが分かる内容となっています。

女性用風俗・女風の男性求人の面接に通らない。どうすればいい?、おすすめは諦める。どうしても諦められない場合は?

自分は今まで200人を超える新人セラピストを研修しデビューさせてきて、今は自分がオーナーを務める帝で面接も担当しています。
その中で女風で売れるセラピスト、売れないセラピストの違いを現場で見てきました。
そういった観点からどういう人が女性用風俗店の面接に通過することができるのか、ひいては女風セラピストとして売れていくことができるのか、ということをお話していきます。

女性用風俗の男性求人の採用基準は

まず女性用風俗店の採用基準はどういったものになっているのでしょうか。
個々の女風店やコンセプトによって重視するものは変わってくるかと思いますが主に下記の5つの項目を中心に総合的に評価されています。

①清潔感
②ルックス(顔、スタイル、身長)
③マッサージ等の経験
④コミュニケーション(メールの文面や気遣い含む)
⑤やる気

①清潔感

清潔感がない男性は論外です。清潔感の無い男性に女性が自分の身体を預けて施術をお願いしたいと思うわけがありません。

②ルックス(顔、スタイル、身長)

女性を相手にするわけですから見た目についてももちろん重要な要素となります。もちろんイケメンであればそれに越したことはないですが、重要なのはいけている男性の雰囲気が作れているかです。普段から見た目に気を使っているか、トレンドを抑えたコーディネートができているか、シャツがよれていない等きれいな着こなしができているか、ということが重要になっていきます。
ダサい男性にお金を払いたいという女性はいません。

[YouTube動画]女性用風俗で女性に選ばれる男性の条件 (①見た目)

③マッサージ等の経験

マッサージ店や他の女風店や出張ホストでお仕事をした経験があればプラス材料にはなります。
なければいけないということでは全くありません。

④コミュニケーション(メールの文面や気遣い含む)

社会常識が抑えられているか。相手を気遣えるコミュニケーションが取れるか。最低限この二つができないとプロとしての接客を任せることはできません。
帝ではメールの段階でも応募者から常識のない文面であったり独りよがりの文章が送られてきたらもう返事をしていません。

[Youtube動画]女性が言う「優しい人がいい」の本当 [女性用風俗で女性に選ばれる男性の条件②]

⑤やる気

あなたがやりたい仕事は本当に「女性用風俗店のセラピスト」ですか?
中には「簡単に稼げるだろう」、「おもしろそうだしやってみよう」というレベルで応募してくる男性もいます。そういった方にはお仕事を任せられませんしそんな心持ちで売れるほど簡単な世界ではありません。

 

他にも身分が保証できない男性は採用できません。もし、就労資格のない外国人の方や反社会性力と繋がりがある方等採用してはいけない人を採用してしまうとお店全体が営業停止になってしまうからです。お店側からするとそのリスクは絶対にゼロにしなくてはいけません。
過去にはそういったところを甘く見て偽名で応募してきたり年齢を詐称して応募してくる男性がいましたがやめていただきたいです(すぐに発覚しました)。

では上記のような基準で不採用と判断されてしまった場合、採用となる自身がない場合はどうすればいいでしょうか。

おすすめは諦める

おすすめはこの業界には縁が無かったとして潔く諦めることです。
一番やってはいけないのは早くデビューしたいからと言って採用してくれるところに片っ端から応募していくことです。
そうやって自分のセラピストとしてのレベルを顧みずに求人に応募していったところで下の記事にあるような登録料ビジネス女風店の餌食になるだけです。

女性用風俗の求人で絶対に選んではいけないお店の特徴3選(東京、横浜)

それでも諦めきれない場合は

それでも諦めきれないという場合は自分のセラピストとしての能力を磨くための生半可ではない努力をしてください。
清潔感は絶対なので普段の自分の行動を見直す。髪や肌の手入れ。爪を磨く。匂いに細心の注意を払う等。
見た目に気を遣う。メンズメイクやファッションの勉強をする。衣類を大事に扱う。
マッサージの勉強をする。
コミニケーションや常識は一朝一夕で身に付くものではないので普段の自分の人との付き合い方を見直す。人気者で人に好かれやすい人の真似をする。
やれることはたくさんあります。

あとは女性に楽しい時間を過ごして欲しい。安らぎを感じて欲しい。それを仕事にしたい。あなたにどこまでその気力があるのかということになっていきます。

本物の女風セラピストになりたいなら、女性用風俗帝

あなたの本気の挑戦をお待ちしております。

帝代表 

東京本店 応募フォーム

横浜店 応募フォーム

名古屋店 応募フォーム

求人募集

女性用風俗の東京・横浜の男性求人応募なら、帝
女性用風俗の東京・横浜の男性求人応募なら、帝
  コラム , 求人 , 求人関連 ,

こんにちは。焔です。
今日は東京、横浜、名古屋で女性用風俗店のセラピストとしてお仕事をしたいという方に向けた記事です。

女性用風俗の東京・横浜の男性求人応募なら、帝

セラピストとしてこれからデビューしたい、という方には今話題の店舗である女性用風俗帝でのデビューをおすすめします。

理由は4つあります。

①莫大なPV数を誇るHP

女性用風俗帝の強みの一つが、様々なSNSやポータルサイトを駆使した次世代のマーケティングです。2022年4月12日時点で1360人のフォロワーを持つ自分のTwitterアカウント、店舗アカウント、Youtubeチャンネル、Instagram、ランキング上位常連のポータルサイトでの発信、等々様々な媒体でセラピストの魅力をアピールしており、毎日莫大なPVを獲得し実際に予約につなげています。
いくらテクニックに自信があっても、見た目が良くても女性の目に触れてもらう機会が無ければ当然予約が入ることはありません。
PVが全然ないHPを持つ店舗だったり、大手等でセラピストが多すぎて自分の露出の機会が少ない店舗に所属してしまいお客様にリーチできず予約があまり入らずに辞めて行ってしまったセラピストがたくさんいます。
そういった意味では女性用風俗帝はセラピスト一人あたりのPV数を常に高い数字でキープしており十分に実力が発揮できる環境となっています。

②日本一充実した研修・サポート制度

帝に入店すると、セラピスト歴2年半、他店を含め200人以上のセラピストを講師として研修・サポートをしてデビューさせてた現役の人気セラピストからの指導・アドバイスが受けられます。
実際に現場で女性から高い評価を受けている施術をそのまま学ぶことができるので未経験の方でも安心してトップレベルの技術を学ぶことができます。
また、デビュー後もZoomでのブランディングコンサル、メッセージ添削、プロフィール添削、会話指導、コーディネートコンサル、等の指導を無料で受けられます。
自身で学習する用の大ボリュームのDocument、解説付きで実際の接客風景が見られる動画等も配布され、やる気があるセラピストはメキメキプロとしての実力を身につけられる環境が整っています。

技術面でも、メンズエステでトップセラピストとして活躍し新人の研修も担当していた凄腕講師からオイルマッサージや性感マッサージの指導が受けられる講習も追加で受講可能です。
現状では形だけの研修を行っていたり研修を行っていなかったりする店舗が存在します。そういった店舗に入店してしまうと素人レベルのテクニックで現場に行くことになりセラピストとして高い評価を受けることができません。

女性用風俗では一度デビューしてからはセラピストはもうほったらかしという店舗がほとんどです。それだと未経験の方は特にどうやって技術を磨いていけばいいのか、予約を獲得していけばいいのか不安ですよね。
セラピストとして実力をつけるために、男として成長するために帝ほど環境が整っている女性用風俗店は他にありません。

③運営側の熱意

女性用風俗では、運営がどれほどの熱意を持ってこの仕事と向き合っているのかというのはとても重要です。
大手の店舗でも他のビジネスの片手間でやっているなどで運営側が全く機能していないという女性用風俗店も存在します。返事が全然返ってこなかったりあろうことか料金を間違えたりという話も聞きます。

その中で、自分で言うのもなんですが自分ほど熱意を持ってこの仕事と向き合っているオーナーは女風業界にいないと思います。
それは自分が毎日肌で女性の悲痛の叫びを聞いている、というのも大きいです。
まだまだ、この女風業界は成長していかなくてはならないと思っていますし素敵なセラピストさんがたくさん出てきて欲しいと思っています。そのためならなんだってするという覚悟があります。

実際にそれは行動、ひいては結果にも繋がっています。
Twitterや記事等で毎日素敵なセラピストの魅力をアピールしていますし、店舗内で困っているセラピストがいれば電話をしたり解説動画を撮ったりしてサポートをしています。

自分だけでなく、手伝ってくれている内勤さんもとても負けず嫌いで毎日セラピスト達のお尻をひっぱたいてくれています(比喩表現です)。

もちろんセラピスト一人一人の頑張りが一番大きくて、自分達がやっていることなんて微々たるものだとは思います。ですが結果が出せる、女性達に最高の時間を届けるためにできる限りのことは尽力しています。
さらに言えば、そういった最低限のサポートがないと実力のあるセラピストでも売れるものも売れないんじゃないかというのが僕の考えです。

④充実したコミュニティ

あと一つ他の女風店と比べても帝で特徴的なのがセラピスト間の繋がりです。
女性用風俗では待機所がなく他のセラピストと交流する機会がほとんどないという女風店が多いです。
セラピストというのは孤独な職業で、自分一人で戦わなきゃいけないという人ばかりです。

そんな中でも女性用風俗帝ではセラピスト同士の横の繋がりを大事にしています。

まずは店舗のセラピストが入っているLINEグループが存在して、そこでセラピスト個々が接客や学習、マーケティング活動を通して疑問に感じたことを投げかけてみんなでそれを解決し、共有することができます。
また、セラピスト同士で直接集まる機会も存在して、人気セラピストに新人が相談をする、なんて光景も見られます。
そういった交流からこそ学べるものっていうのもあるはずなのでこれからもそういった機会を大事にしていこうと思います。
もちろん交流は強制じゃないので自分のペースで参加することが可能です。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

女性用風俗のセラピストとしてデビューするには帝しかないと感じたのではないでしょうか?
自分もそう思います。
店舗スタッフ一同あなたの挑戦を心待ちにしております。

東京本店 応募フォーム

横浜店 応募フォーム

名古屋店 応募フォーム

求人募集

セラピストの魅力をアピールしてる記事↓
女性用風俗のイケメンセラピスト3選

【求人】 売れるということ
【求人】 売れるということ
  求人 ,

売れたい。お金を稼ぎたい。女性用風俗店で働くのに、そういったモチベーションがあるのはいいことです。

しかし、風俗だから簡単に稼げるだろう。そう考えている人がいるのだとすればそれは間違いです。

現に、女性用風俗で働きはじめる8割以上のセラピストは満足のいく収入を得ることができずすぐにやめていきます。なかなか指名が入らない。フリーのお客様を回してもらってもリピートが取れない。ということで心が折れてしまうのです。

ただ、そういう現状があるからと「女性用風俗でなんて稼げない」、「自分には稼げるだけの魅力がない」、そう結論づけるのは、それも明らかな間違いです。

確かに、同じ風俗でも男性向けのデリバリーヘルスでは、とりあえず出勤さえすれば新人でも、そこまで営業をしなくてもお客様から指名がもらえて、いくらか稼げる。というケースはあるでしょう。しかし、それは新人女性が男性に人気なこと。常に需要が供給を上回っていること。など特殊な事情が可能にしていることでしかありません。

「売ること」自体がそんなに簡単なら世の中に営業職、マーケティング職は必要ありません。

女性からすれば、男性は選び放題です。

お客様に選んでもらう。お金を払うだけの価値があると感じてもらう。それが一筋縄でいかないのは当たり前の事です。

女性用風俗店が店舗としてすべきことはそのことを無視してにんじんだけをぶら下げてセラピストを使い回しにすることではありません。

どうすればあなたの魅力が伝わるか。あなたが女性に選んでもらえるためには何が必要なのか、一緒になって考えることです。

お客様に選んでもらう。「それは一筋縄ではいかない」、私はそう表現しました。しかし、今の女性用風俗業界を見ているとそれが特別難しいことだとも思いません。

なぜなら、どうしたら自分が選んでもらえるか。リピートしたいと思ってもらえるか。そのことを真剣に考えている人があまりに少ないからです。

店舗は店舗で女性は何を基準に男性を選んでいるか、魅力を伝えるにはどうしたらいいのか、そのノウハウが無いから、「売れれば儲けもん」、ぐらいの考えでほったらかしという店舗がたくさんあります。

帝は、あなたがどうやったら稼げるか。女性に選んでもらえるセラピストになれるか。その答えを持っています。

売るのは私たち店舗の仕事です。あなたの仕事は、挑戦することです。

代表 柊 焔

登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
登録料ビジネスの存在はお客様に対して不誠実である
  求人関連

こんにちは。焔です。

登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)という話の続きです。

何より登録料ビジネスが存在することで一番不利益を被るのは女性用風俗店を利用して下さっている方々です。

もし、性感セラピストがお金さえ払えば誰でもなれる職業になってしまったら、女性がわざわざお店を利用する理由がありません。それではいろんなリスクを抱えてマッチングアプリ等で素性もわからない男性と会うのと変わらないからです。

店舗の利益になるからとセラピストになれるレベルにない男性を採用する行為はお客様に対する裏切りに近い行為です。

採用した男性が女性に不快な思いをさせないか、自分の欲望を抑えられる人なのか、お金をいただいて女性にサービスをできるレベルにある人間なのか、しっかり吟味して足りない部分は教育する。それがいろんな不安も抱えながらもお店を利用し下さる女性に対しての店舗としてあるべき態度なのでは無いかと思います。

利用する女性が安心して、極上のサービスが受けられる、そんな業界を目指していきたいです。

柊焔

登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)
登録料ビジネスとセラピストの価値(焔)
  帝からのお知らせ , 求人関連

こんにちは。焔です。

今日は登録料ビジネスとセラピストの未来という話の続きです。

前回は、店舗側が登録料ビジネスのために男性を採用していてはセラピストが育たない。という話をしました。

今回は登録料ビジネスの存在がセラピストの価値を下げる。という話をしていきます。

皆さんはセラピストにはどういった男性がなれると思いますか?

答えはよっぽどの事情がない限り、手段を選ばなければ誰でもなれます。

こういう言い方は良くないかもしれませんが60代の方、容姿がよくない方、ふくよかな体型の方、明らかにコミュニケーションが苦手な方、モテない方を採用している店舗は実際にあります。

セラピストを採用しても教育する必要もない、コストも必要ない、何か問題を起こせばセラピストのせいにすればいい、となれば断る理由も特にありません。

そういった訳で、お店を選ばなければ、お金を払うことで研修を受け、セラピストとしてデビューすることができるのが今の状況です。

この状況はセラピストという職業の価値そのものを下げてしまっています。お店の価値も下げます。もちろん好みは人それぞれなのでいろんな男性を採用することは悪いことではないでしょう。

しかし、コストがかからないからとあまり魅力を感じない男性でも採用してしまっていたら、セラピストってのは誰でもなれるものなのか。と認識されてしまいます。

女性からすると、それならマッチングアプリとかで素性も分からない男性と会うのと変わらないじゃないか、となってしまいます。

実際そういうアプリでは店舗所属の性感セラピストと称して、自分の欲望を満たすために無料のマッサージを提供しようとしている普通のおじさんがたくさんいるみたいです。

セラピストっていうのは女性をエスコートするプロで、普通は出会えないような魅力的な人たちなんだ。そういう価値を守るためにも今の業界のあり方を考え直す必要があります。

柊焔

この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝

登録料ビジネスとセラピストの未来(焔)
  求人 ,

セラピストの登録料ビジネスという闇の話の続きです。

前回、登録料で利益を得るために売ろうという意思も無いのに男性を採用し、あとはほったらかし。という登録料ビジネスをやっている店舗がある、という話をしました。

では、それの何が問題なのでしょうか。

まず、セラピストが育ちません。

そういった店舗にとって、その人を採用する=その人を売る、では無いため当然採用したあとのサポートはしません。「売れたらラッキー」ぐらいの態度なのです。

もちろん、売れたいなら全部自分で考えて努力すべきだ、という考えもあるでしょう。むしろサポートなんていらなくて、自分で勝手にやらせて欲しいというセラピストもいるでしょう。

ですが多くのセラピストは接客をしていく中で何度も壁にぶち当たります。

セラピストの相談に乗ることでその壁を一緒に乗り越えたり、店舗が貯めたノウハウでその壁を端から迂回できるかもしれません。

自分もセラピスト業を始めた当初は、こういうお客様にはどういう対応をしたらいいのだろう、自分のコミュニケーションの問題点はなんだろう、どうやったらもっと自分の接客を磨くことができるだろう、ということでたくさん悩みました。

そういった悩みをお店が一緒に解決していくことでセラピストが何倍ものスピードで成長していくことができます。そしてそれがよりお客様の満足を得られる事につながるのです。

しかし、そういったサポートをしていくにはかなりのリソースが必要です。ある程度厳選して、この人をセラピストとして売り出していこうという男性のみを採用する必要があります。

でもそれこそが本来あるべき形なのではないか、というのが自分の考えです。

この人なら素敵なセラピストになってくれるのではないか、そう思える方のみを採用し、セラピストがお客様を幸せにしていくためなら最大限サポートをしていく。

少なくとも、女性用風俗帝をそういうお店にしていきたいです。

柊焔


この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。最終研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝

セラピストの登録料ビジネスという闇(代表・焔)
  求人関連

こんにちは。代表の焔です。

今日は女性用風俗業界に蔓延する、登録料ビジネスについてのお話をしていきます。

皆さんの中には、セラピストがある店舗に採用され、何日か出勤さえしていればある程度お客様につけて、それなりに稼ぐことができるのだろう。
と想像されている方もいるかもしれません。

でも実際にそうはなっていません。セラピストとしてデビューする8割〜9割は先に、支払う登録料、研修費用の分も回収できずに辞めていってしまいます。一回も仕事にありつけない方もいます。

その要因として、店舗側の登録料ビジネスの存在があります。

セラピストになるためには必ず研修を受けなくてはなりません。そして、店舗によって様々ですが、そこには5〜7万円の研修費用がかかります。プラスで何ヶ月に一回更新料も払わなくてはなりません。

でも考えてみてください。5〜7万円です。研修も三時間ぐらいやって終わり、という店舗がほとんどです。ですからそこから研修員の方に支払う報酬を差し引いても3〜5万円は残ります。
今はセラピストになりたいと考える男性が多いので一日一人採用するだけでも100万円を超えるような収益になりえます。

そういった実態があるので、見た目もコミュニケーションの取り方も普通で、売れるとは思えない男性でもとりあえず採用してあとはほったらかし。という店舗がたくさんあります。
大手のHPにもこんな方を指名する人いるのかな。という見た目、プロフィールのセラピストが存在するのはそういう訳です。

もちろん、採用されたからといってセラピストとしてお客様の信頼を勝ち得ていくというのは簡単なことではありません。実力の世界なので頑張っても中々結果が出ない人がいる。というのも仕方ないことでしょう。

しかし、ちゃんとその人をセラピストとして売っていく。という意思も無いのに研修費を稼ぐために男性を採用する。というのはセラピストに対して、そして何よりサービスを利用されるお客様に対して、不誠実な態度なのでは無いでしょうか。

柊焔

この話は次回に続きます。


当店では、一緒になってセラピストとして売り出していく。という方のみ責任を持って採用させていただいています。

研修も初期研修。コミュニケーション講習。実技研修。の三種類の研修でみっちり必要なことを学んでいただいてからデビューしていただきます。

デビュー後も各種サポート、研修制度が存在します。

さらに、今は研修費全額キャッシュバックキャンペーン実施中です。

男として磨きをかけたい方、女性を喜ばせることが好きな方、是非当店で一歩を踏み出してみましょう。

応募はこちら

女性用風俗帝